17th 11月2012

OTOSHA37「非宗教の中東史」day2の受講記録(by JIN)

by JIN

おとなの社会科CS担当のJINです。
OTOSHA37「非宗教の中東史」day2の受講記録を書きます。

本稿では、受講者目線で、セミナーの受講記録を書きます。なお、一部JINの私見にわたる個所が含まれる点、ご容赦ください。

11月は「宗教なしの中東史」をテーマとして、3回、セミナーを行っています。同月は、株式会社セルム様のご厚意により、教室をお借りして実施しています。

Day2では、中東について議論を深めました。

Day2のポイントは、次の3点です。
■中東は「宗教」「石油」を軸に整理すると理解しやすい
■中東紛争は、米英の国際戦略が原因で起こっている
■イスラエルは、アラブ人を迫害してつくられた人工国家である

(さらに…)

16th 11月2012

OTOSHA37「宗教なしの中東史」day2受講記録

by tenpei

おとなの社会科、営業担当の天平です。

以下、day2の内容を①用語解説②国々の特徴③ユダヤ人とイスラエル④米英の中東支配、の4本立てでまとめていきます。

 

①用語解説

・イスラム教スンニ派:イスラム教全体では多数派。コーランを厳格に守ろうとする。

・イスラム教シーア派:イスラム教全体では少数派。スンニ派ほど厳格ではない。

・原理主義:世俗主義を邪教とみなす。原理原則(イスラム教でいえばコーラン)を重視。

・世俗的・世俗主義:宗教と政治が分離されている様子。イスラム教の厳しい戒律から解放された状態。宗教色は強くない。

・シオニズム:イスラエルに故郷を再建しようというユダヤ人の行動

(さらに…)

11th 11月2012

OTOSHA37「非宗教の中東史」day1受講記録(by JIN)

by JIN

おとなの社会科CS担当のJINです。
OTOSHA37「非宗教の中東史」day1の受講記録を書きます。

本稿では、受講者目線で、セミナーの受講記録を書きます。なお、一部JINの私見にわたる個所が含まれる点、ご容赦ください。

11月は「宗教なしの中東史」をテーマとして、3回、セミナーを行います。同月は、株式会社セルム様のご厚意により、教室をお借りして実施します。

Day1では、イシュー設定の練習後、中東紛争の本質について議論しました。

Day1のポイントは、次の3点です。
■イシューの設定には、「直感」も重要
■中東紛争の根源は「宗教」ではない
■欧米の植民地政策が中東紛争を生んだ

(さらに…)

07th 11月2012

OTOSHA37「宗教なしの中東史」day1受講記録

by tenpei

おとなの社会科、営業担当の天平です。以下、day1の内容を私の視点でまとめていきます。

イスラム教徒の世界である中東(現在のシリア、レバノン、イスラエル、ヨルダン、イラク、サウジアラビア)は長い間、オスマン帝国が支配していました。 ただ、支配=不幸、とは限りません。異教徒でもジズヤと呼ばれる税を納めることで、市民として扱ってもらえ、宗教的自由の保障が得られました。 三大宗教のイスラム教、キリスト教、ユダヤ教は旧約聖書を聖典とし、イスラエルにあるエルサレムを聖地としています。長い間、聖地を共有し、共に暮らしてきた歴史があります。 そこではこんな話が残っています。ユダヤ教のおばさんが、隣の家のイスラム教の新妻に、夫との夜の作法を教えていたという証言があります。これはかなり親密な関係ですよね。「長い間、中東は異教徒間で憎しみ合っていた」という言説を耳にしますが、まったく違う様相ですね。 イスラム世界は、実は異教徒に対して、昔から寛容さを持っているのです。

(さらに…)

31st 10月2012

OTOSHA36「精神の明治維新」day3受講記録(by JIN)

by JIN

おとなの社会科CS担当のJINです。
OTOSHA36「精神の明治維新」day3の受講記録を書きます。

本稿では、受講者目線で、セミナーの受講記録を書きます。なお、一部JINの私見にわたる個所が含まれる点、ご容赦ください。

10月は「明治維新の精神史」をテーマとして、3回、セミナーを行いました。同月は、株式会社プロジェクトプロデュース様のご厚意により、教室をお借りして実施しました。

Day3では、神道について深めた後、議論の仕方を学びました。

Day3のポイントは、次の3点です。
■八百万の神を信仰する神道が見直されても良い
■議論においては、どこまでもイシューを意識する
■イシューから外れた議論を止めても、感情を害することは無い

(さらに…)

26th 10月2012

OTOSHA36「明治維新の精神史」day3受講記録

by tenpei

おとなの社会科、営業担当の天平です。day3は本題とは別に、「議論をすることの重要性」「議論のスタンス」「議論のやり方」を学び、深い気づきがありました。以下、私の視点でまとめていきます。

まず「議論をすることの重要性」は、“何も言わない=少数の権力者の思い通りになる”を理解することが大切です。反論を恐れる、知識不足が明らかになることを恐れるために何も言わない。これこそ権力者が最も好き勝手にできる状況を作りだしてしまうのです。 政治であれば、常に権力者の行動を監視し、異論があれば声を上げる。これは権力者が最も嫌がることであり、彼らの間違った行動を正すために、市民がとるべきことなのです。ある政治家の発言について賛同する意見でも、反対する意見でも良いです。友達との会話、ネット上でのやり取りでも良いので、積極的に議論をしていくことが重要です。

(さらに…)

21st 10月2012

OTOSHA36「精神の明治維新」day2受講記録(by JIN)

by JIN

おとなの社会科CS担当のJINです。
OTOSHA36「精神の明治維新」day2の受講記録を書きます。

本稿では、受講者目線で、セミナーの受講記録を書きます。なお、一部JINの私見にわたる個所が含まれる点、ご容赦ください。

10月は「明治維新の精神史」をテーマとして、3回、セミナーを行いました。同月は、株式会社プロジェクトプロデュース様のご厚意により、教室をお借りして実施します。

Day2では、靖国神社について、議論を深めました。

Day2のポイントは、次の3点です。
■靖国神社は、明治以前の神道とは性格を異にしている
■靖国神社における合祀は、信教の自由を侵害する
■靖国信仰が、日本人の無宗教観を助長している

(さらに…)

19th 10月2012

OTOSHA36「明治維新の精神史」day2受講記録

by tenpei

おとなの社会科、営業担当の天平です。day2は日本の神様・信仰の歴史について学びました。以下、私の視点でまとめていきます。

①イザナミ(女神)とイザナギ(男神)が日本列島を作りました。イザナミ・イザナギの子供の一人、アマテラスの子孫には日本初代の天皇である神武天皇がいます。したがって、天皇系の神社はアマテラスを祀っている伊勢神宮になります。

②一方、アマテラスの弟であるスサノオは、問題を起こして追放され、出雲の地に落ち着きます。出雲大社はスサノオの息子、オオクニヌシが創建したと言われています。ここは天皇系とは別系統とされ、天皇が参拝にくることはありません。

以上①②が天地創造神話から由来する神様と現代の残る神社との関係です。現代でも天皇を「象徴」として残しているのは、伝統的な信仰を守る上で、重要なことなんですね。

(さらに…)

13th 10月2012

OTOSHA36「精神の明治維新」day1受講記録(by JIN)

by JIN

おとなの社会科CS担当のJINです。
OTOSHA36「精神の明治維新」day1の受講記録を書きます。

本稿では、受講者目線で、セミナーの受講記録を書きます。なお、一部JINの私見にわたる個所が含まれる点、ご容赦ください。

10月は「明治維新の精神史」をテーマとして、3回、セミナーを行いました。同月は、株式会社プロジェクトプロデュース様のご厚意により、教室をお借りして実施します。

Day1では、明治時代の廃仏毀釈について、議論を深めました。

Day1のポイントは、次の3点です。
■日本の郊外化の原点は、明治維新にある
■廃仏毀釈は、国家統一のための痛みと捉える事が出来る
■柳田國男は、民俗の地域性を否定する志向を持っていたかも知れない

(さらに…)

10th 10月2012

OTOSHA36「明治維新の精神史」day1受講記録

by tenpei

おとなの社会科、営業担当の天平です。今回は日本人の精神性を紐解くダイナミックな話に魅了されました。以下、私の視点でまとめていきます。

八百万の神(やおよろずのかみ)と言われている通り、日本には土着の神の信仰(神社)が多くありました。 そこに、大陸から仏教(寺)が伝来し、神仏習合(しんふつしゅうごう)が行われます。神仏習合によって神社と寺が融合し、「お寺(仏を祀る場所)で神も祀られる」という日本固有の文化が生まれます。例えば東大寺には鎮守として宇佐八幡神が祀られています。 日本人としては違和感のない事かもしれませんが、世界的に見れば「異教=悪」と考えられがちなので、とても特殊なケースであると考えられます。 ちなみに神仏習合が現代の日本人の多くが自らを「無宗教」だと思っている精神性の原点だと考えられます。都合良く様々な信仰(現在はキリスト教も含め)を生活に取り入れているので、固有の信仰に限定した生活習慣(例えば仏教に基づく生活を貫き、他の宗教的な行動は行わない)がなく、「私は**を信仰しています」と言えないのです。 なお、神仏習合は江戸時代まで行われ、地域固有の信仰をする人々が一つの国(藩)や集合体を成していました。江戸時代までは「日本人」という意識はあまりなく、「薩摩人」とか「水戸人」みたいに、生活習慣を同じくする人々が集まってコミュニティを形成していました。

(さらに…)

ページ:«12345678910»