10th 3月2012

OTOSHA29「メディアリテラシー」Day1の受講記録

by JIN

おとなの社会科CS担当のJINです。
OTOSHA29「メディアリテラシー」Day1の受講記録を書きます。

本稿では、受講者目線で、セミナーの受講記録を書きます。なお、一部JINの私見にわたる個所が含まれる点、ご容赦ください。

3月は「メディアリテラシー」をテーマとして、3回、セミナーを行います。同月は、デジタルハリウッド大学様のご厚意により、教室をお借りして実施します。

メディアリテラシーは、「おとなの社会科」で取り上げるのは3回目です。「考える力」を身に付けるための中核となるスキルだからです。今回は、具体的な報道に焦点を当てて、その問題点を指摘していくスタイルを取ります。

今回取り上げた例は、次の通りです。普段何気なくスルーしてしまいがちな記事ですが、いずれの記事についても、その問題点について、鋭く斬り込んで行きました。
http://goo.gl/oyLbF
http://goo.gl/LRwOz
http://goo.gl/14Pf9
http://goo.gl/KpGQW

具体的な問題点の指摘はセミナーそのものに譲るとして、Day1の主なポイントは、次の3点です。
■ネガティブなキーワードに注意する
■メディアの本質はその偏向性にある事を意識する
■自分と異なる意見に気付くことは大切

以下、具体的に書きます。

■ネガティブなキーワードに注意する

ネガティブなキーワードの例として挙がったのが、「陰謀論」です。「陰謀論」には、その言葉自体にネガティブな響きがあります。そして、日本の論者は、よくこうしたキーワードを用いて、ネガティブなニュアンスを読者に植え付けていきます。

しかし、「陰謀論」であるからといって、それが正しいか正しくないかは、実は別問題です。論者のロジックを正確に見抜くには、こうした所に注意を払っていくことが重要です。

■メディアの本質はその偏向性にある事を意識する

「メディアの本旨は、その中立性にある」と公言する報道機関は多々あります。そして、特に日本人は、大手メディアの言説を中立的と考えてしまいがちな傾向があります。

しかし、神ならぬ人が報道するものである以上、中立的な報道はあり得ません。欧米の教育機関の「メディア論」の講義で一番最初に叩き込まれる重要な事項がその事です。したがって、たとえば、米国の知識人の間で広く読まれているWall Street Journalは、共和党系である事は衆目の一致する所ですし、New York Timesは民主党系です。

この点、日本のメディアは、実際にはかなり明確な立場を持っているにも拘らず、「自分は中立報道だ」と言っている点に問題があります。

そこは、メディアの受け手としては、各メディアのクセを把握しておくことが必要です。

■自分と異なる意見に気付くことは大切

日本のビジネスの場では、雑談のレベルでも、政治や宗教等の話題に触れることをタブーとされるケースが多いです。そのため、政治的な自分の意見を表明する機会も少なく、往々にして、自分の主張と反対の見解について、その存在自体、知らないという状態になってしまいがちです。

しかし、たとえば、「おとなの社会科」等で議論してみると、意外に、自分と異なる考え方をする人がいることに気付き、驚かされます。

思考に幅を持たせていくためには、まずは、自分と異なる意見を持つ人がいることに気付くことは大切です。

(by JIN)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>