21st 6月2012

終了★2012.10【otosha】36「明治維新の精神史」全3回

by paco

終了★2012.10【otosha】36「明治維新の精神史」全3回

神社には二種類ある。古来からの神社と、明治以降、国家が造った神社。今は中央集権で、全国同じ文化になってしまった日本だが、明治以前の日本は徹底した分権国家であり、文化も宗教も、地域性が高かった。その分権国家日本を、明治期、廃仏毀釈運動によって、「国家神道」に統一し、近代日本はできあがった。

その過程で、日本は文化的なオリジンの多くを失ったのではないか。明治維新を、「坂本龍馬」からみるのではなく、文化と宗教から考える3回。


 

 

※議論は、受講者からファシリテータに出てもらい、議論の方法と議論の内容自体の両面から進める。(→Click!

★ ★ ★

さて、<おとなの社会科>にいって勉強してみたくなりましたね! 以下のリアルセミナーか、otoshaラジオへ!

セミナー申し込み(リアルも、ラジオも)はこちら(→Click!

 


■2012年10月

火曜=09日 + 16日 + 23日

→カレンダーはこちら(→Click!

19:00~22:00

■会場

株式会社プロジェクトプロデュース センタールーム

http://www.pro-pro.co.jp/aboutus/

東京メトロ 有楽町線 銀座一丁目駅 10、11番出口 徒歩3分
★この月の<おとなの社会科>は株式会社プロジェクトプロデュース様のご厚意により、会場をお借りして実施しています。ありがとうございます。

■内容

day1 廃仏毀釈運動と八百万神の整理統合、国家神道の成立。靖国神社とはなんなのかを考える。

day2 政府官僚の柳田国男は全国をまわり、民話や伝承を集めた。民俗学が国家統一につながるメカニズムを考える。

day3 これからの日本を考える時に、地方分権とはどのような意味を持つのか、明治の時計を逆回しして考える。

■備考

<おとなの社会科>セミナーでは、夜開催ということもあり、せんべい、チョコレイトなど、食べるものを用意してお迎えしています。飲み物は各自、ペットボトルなどをご持参ください。

 


セミナー申し込み(リアルも、ラジオも)はこちら(→Click!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>