01st 5月2013

<おとなの社会科>で「ラディカル思考」を学ぼう

by paco

<おとなの社会科>は、渡辺パコが主宰するおとなのための学びのコンセプトです。

<おとなの社会科>学ぶこと。それは、思考の習慣です。

 

「自分にできることをがんばる」という思考パターンから、「本来やるべきことから考え、行動する」への転換です。これを「ラディカル思考」(根源的思考)と呼びます。
具体的には、こんなイメージです。
ものごとを考えるときに、具体的で細かなことから考えるのではなく、根を張り、幹が伸び、そこに枝葉が広がり、やがて大きな木になるように、思考する。
「本来どういうことなのか」、「全体としてはどう考えるべきなのか」という発想をし、ものごとを捉えること。このようにすることで、スケールの大きな問題や、どこから手をつけたらいいのかわからない問題も、本質を押さえたアプローチができるようになります。
これまで、おとな、特にビジネスパースンが学んできたのは、MBAに代表されるようなスキルでした。マーケティング、会計、論理思考、そして経営戦略。いずれも、どうやればいいのか、how?を学ぶことでした。しかし、いくらスキルを学んでも、そのスキルを「どこに」「なんのために」活かすのかは見えてきません。
<おとなの社会科>があなたに提供するのは、「あなた自身のwill=あなただけのこころざし」です。
part2へ続く(→Click!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>