07th 1月2012

otosha26「インターネットと民主主義(後半)」Day2受講レポート

by paco

おとなの社会科CS担当のJINです。
OTOSHA26「民主主義とインターネット 後半」Day2の受講記録を書きます。

本稿では、受講者目線で、セミナーの受講記録を書きます。なお、一部JINの私見にわたる個所が含まれる点、ご容赦ください。

11月は、「民主主義とインターネット 後半」をテーマとして、2回、セミナーを行いました。同月は、株式会社プロジェクトプロデュース様のご厚意により、会議室をお借りして実施しました。

「民主主義とインターネット」は、その「前半」2回を2011年3月に実施したのですが、3.11の震災の影響によって、中断していたものの続編として「後半」を行ったものです。

 Day2では、Day1であぶり出した日本政治の課題について、その対策をディスカッションしました。2012年の「おとなの社会科」は、これまでのpacoさんの語り中心の場以外に、ディスカッションの場も多く取り入れていくことを構想しています。Day2は、その先取りとして、受講生のイシュー出し・意見に対してpacoさんが批評するというスタイルを中心に行いました。

Day2の主なポイントは、次の3点です。

  • 民意を反映させる仕組みづくりがポイント
  • 審議会への民意の反映が有効
  • ITの有効活用がポイント

以下、具体的に書きます。

■民意を反映させる仕組みづくりがポイント

Day1でみたように、日本の立法過程は、実態としては、官僚によって支配されており、民意の反映が阻まれています。具体的には、官僚は、与党の部会・国対・審議会への関与を通して、立法過程を支配しています。ここでのポイントは、「仕組み」として官僚が立法過程に関与するシステムが出来上がっている点です。個々の政策の妥当性云々ではなく、民意の反映を阻害する「仕組み」をつくり上げています。官僚が考慮するのは、基本的に、出身省庁の「省益」です。

たとえば、「審議会」は、多くの場合、広く国民の意見を聞く場として設けられます。しかしながら、「審議会」を統一的に規制する法律はありません。「審議会」ごとに、個別の法律に基づいてその設置義務が設けられていたり、あるいは、法律根拠なしに設けられているだけです。そして、たとえば、メンバーの人選については、官僚のフリーハンドに委ねられています。場合によっては、ある程度、世論に配慮した人選がなされる場合もありますが、運営も官僚の自由に実施されるため、官僚の意に沿わない審議会メンバーの意見は通らないように操作されます。たとえば、会合日を決める際に、反対派の審議会メンバーの都合の合わない日を選択したりします。

このように、官僚の都合に沿うようにつくり上げられてしまっている立法過程について、民意を反映させる「仕組み」につくり変えていくことがポイントになります。

■審議会への民意の反映が有効

もっとも、与党の部会や国対は、国会議員でなければ関与できない会合の場です。したがって、一般市民の民意を反映させやすい場としては、「審議会」の場が有効なターゲットとなります。

もともと、官僚は、国会議員と異なり、選挙の洗礼という正統性の根拠を有していません。したがって、民意に近い所にある「審議会」の意見は、彼らの意見の根拠付けとしやすい半面、それには逆らいにくいという特徴を持っています。その意味でも、審議会に民意を反映させるのは有効です。

■ITの有効活用がポイント

審議会に民意を反映させていく際に有効なツールとなり得るのが、IT技術です。審議会が官僚の意のままに遂行されている1つのポイントは、その「密室性」です。近年、飛躍的な進歩を遂げているU-Stream等の動画転送技術を用いれば、審議会の様子を公開することが可能となり、即時に視聴者のコメントを流したりすることも可能です。視聴者のコメントも、それが束となっていけば、審議会にインパクトを与える可能性も出て来ます。

また、たとえば、審議会メンバーについても、民意の後押しがどの程度そのメンバーに付いているのかについて、ネット上の技術で表示できるような仕組みがあれば、国民の支持を受けているメンバーの意見をむげに却下する訳にはいかない環境がつくり出せます。

集積回路の集積率は18カ月で2倍になるというムーアの法則によれば、IT技術は、今後も、指数関数的に発達し続けます。そうした環境の下、ITを活用して、民意をどのように変えていくのか、その具体的な方策を提言し、実行していくことが、日本に、今、求められています。

これ以前の受講レポートはこちら(→Click!
(by JIN)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>