13th 10月2013

OTOSHA46「農業」Day1受講記録(by JIN)

by JIN

おとなの社会科CS担当のJINです。
OTOSHA46「農業」Day1の受講記録を書きます。

今月から、おとなの社会科では、「分かりにく議論を整理すること」を目標として、月2回のセミナー構成とします。Day1ではあらかじめ定めたテーマに沿ってpacoさんの講義を中心に進め、Day2は、出席者の疑問に関するフリーディスカッションにします。

Day1は、デジタルハリウッド大学様のご厚意により、教室をお借りして実施しました。

Day1で、私自身、クリアになった点は、次の3点です(講義の内容全般については、菊地天平さんの投稿をご参照ください)。
■農業が2次・3次産業より弱い理由は、顧客ターゲットを絞れない点にある
■米国が日本に農業を売り込む理由は、2つある
■農地の集約化が日本の農業の生産性向上のポイントである

(さらに…)

10th 10月2013

OTOSHA46「農業がダメになると何が起こるの?」受講記録

by tenpei

おとなの社会科、スタッフの天平です。今月は「農業」について学びました。 以下、6点に分けてまとめていきます。

(1)世界の食料は足りるのか?

(2)他の産業に対して農業は競争力があるか?

(3)食料は自給すべきか?

(4)日本の農業に競争力はあるか?

(5)農業生産性は日本は高いのか?

(6)農産物の輸出国は何を狙っているか?

 

(1)世界の食料は足りるのか?

結論から書くと「わからない」です。「足りる」「足らない」の代表的なロジックは以下3つあります。

<1>足りない:期末の食料在庫(穀物=主に小麦や米)をみると1980年ぐらいをピークに期末在庫は減少傾向にある。だから今後、足らなくなると考える。

<2>足りる:近年、穀物相場が見えるようになった。そこで、相場の動きに合わせて生産調整をしている。つまり、期末在庫が減っているのは生産調整の影響であって、まだまだ生産余力はある。

<3>足りる:近年は食の肉食化が進み、牛や豚の飼料として沢山の穀物が使われている。今後、穀物価格が上昇すれば、飼料としての穀物利用が減る。そして、肉の生産も減る。そうなれば人間が食べる穀物は十分に確保できるだろう。

世界の食料が足りるかどうかは「わからない」なかで懸念点が一つある。それは地域の不安定化だ。穀物価格が上昇すれば、貧しい人は食料が買えなくなる。それによって大規模な暴動が起き、地域の不安定化に繋がるおそれがある。穀物メジャーは価格を吊り上げたいので、その動きと地域の不安定化は注意してみる必要がありそうだ。

 

(2)他の産業に対して農業は競争力があるか?

単位面積当たりの生産性を考えると、第二次、第三次産業に対して不利。アメリカやオーストラリアの大規模耕作地でさえ難しい。 特定のブランドを除き、自助努力によって他の産業と同等の収入を得ることは難しい。そうすると農業従事者が減少してしまうので、特に先進国は国からの補助が必要不可欠。

 

(3)食料は自給すべきか?

食料やエネルギーの考え方はそれぞれの国の意思によるもの。例えばフランスはこれまでの教訓から、自国の意思決定を食料やエネルギー問題によって左右されたくないと考える。そして食料とエネルギーの自給率を高める政策をとる。

日本の穀物自給率は20%代。これを70%程度まで上げた方が良いと私は考える。米を主食とした場合、日本の田んぼを全て稼働させれば、これは可能な数字。実際は米や小麦の組合せになるが、自給率を上げていきたい。

 

(4)日本の農業に競争力はあるか?

高付加価値の農産物はある。が、これは高価格の少量生産であり、低価格大量生産が必要な主食にはむかない。また、日本の農業技術は積極的に新興国に教えている面もあるので、付加価値が世界に吸収されるスピードは早い。

個別商品として生き残れるものはあるだろうが、全体としては世界的に日本の農業が競争力があるとはいえず、あるものについても維持するのは簡単ではない。

 

(5)農業生産性は日本は高いのか?

農業生産性は1戸あたりの農地面積から判断できる。日本は1.8ヘクタール。北海道は22ヘクタール。欧州は16.9ヘクタール。米国は180ヘクタール。豪州は2423ヘクタール。つまり、まったくもって世界には歯が立たない。

日本では10ヘクタールを超えると農業所得が500万を超えるので、職業として魅力が出てくる。つまり、日本の生産性を上げるには農地の集約化が必要不可欠。

 

(6)農産物の輸出国は何を狙っているか?

国内で消費しきれない過剰生産品は国外に有利な条件で売ろうとする。それは農家を潰さない為だ。政治家は農家への補助政策を考え、農家からの票を得て当選、実際に政策を実行して農家へ補助をする(第二次、第三次産業からの税金で)、そうするとまた農家からの票を得られる、というサイクルだ。

このサイクルの維持には、なるべく高く過剰生産品を買ってもらうことも重要だ。その結果、日本のような人口が多く、沢山買ってくれる国に対して圧力をかけることになる。日本は工業品を優先して農業については譲歩してきた為、結果として自給率を大幅に下げることとなった。

巧みに輸入制限、関税、農家への補助金、といった道具を使い分けていかないと、ますます日本の自給率は下がることになるだろう。

 

以上、農業についての全てが概観できてスッキリした!という状況までは到達していませんが、明らかに今までより見える景色が変わったと思います。まだモヤモヤしているところはあるけど、まったく視界が見えない、見ようとしない(うやむや)状況とは大きく異なります。これからも重要なテーマを“うやむや”にせず、“モヤモヤ”ぐらいまで必ず持っていこうと思います。

31st 7月2013

番外編受講レポート!日米地位協定と秘密保全法制

by tenpei

2013年7月30日、東京弁護士会主催のシンポジウム「日米地位協定と秘密保全法制」に行ってきました。 共同通信社編集委員の石山永一郎氏、元外務省国際情報局長の孫崎享氏のトーク内容を私の視点でまとめていきます。

 

■日米地位協定とは?

日本国憲法を超える日米間の地位協定。米兵が公務中に犯罪を犯しても裁判権は米国側にある。公務中でなくても原則、起訴前までは日本に身柄を渡さなくてもいい。こんな数字のデータもある。日本人の起訴率は48%に対し、米兵は17%。さらに公務執行妨害は0%。おそらく酔っぱらって米兵が警察官を突き飛ばしても起訴されないだろう。

(さらに…)

24th 7月2013

OTOSHA44「原発と再エネ Reprise!」day2受講記録

by tenpei

おとなの社会科、スタッフのtenpeiです。day2では「問題提起」「議論の限定」について実例を用いながら学びました。

 

■問題提起

ブログやFacebookで政治や社会問題について「問題提起」するとき、どのようなことに気をつければ良いでしょうか。

まず「誰に伝えたいのか=ターゲット」を明確にする必要があります。「**さん」という具体的なターゲット像を設定することからはじめましょう。なお、ターゲットを限定しても、周囲の人にもメッセージは届くので安心して下さい。

次に「**さん」はどのような人か?このメッセージはどのように受け取るか?を熟考していきましょう。例えば「表現の自由が失われる」と書いたとき、Aさんは「それはまずい」、Bさんは「野放しの自由はよくないからいいんじゃない?」、Cさんは「表現の自由ってポルノの話でよくでるな~」など、1つのメッセージから様々なことを想像する筈です。どのような表現をすれば「**さん」に適切なメッセージが届くのかをじっくり考えていくと良いでしょう。

なお、これは仕事でも使える考え方です。他者に問題提起をする場合、冒頭で適切な投げかけをできるように意識をしていきましょう。最初の入りがスムーズにいけば、その後の議論もスムーズに進みやすくなります。

(さらに…)

11th 7月2013

OTOSHA44「原発と再エネ Reprise!」day1受講記録

by tenpei

おとなの社会科、スタッフのtenpeiです。day1は原発再稼働について再考しました。

 

★電力供給量は足りているか?

昨年の夏、関西電力の原発2基を除いて、全ての原発は停止していました。関西電力以外は再稼働の必要はないでしょう。関西電力も夏のピーク時を除けば、原発を稼働する必要はない筈です。それを夏以降も稼働し続けるということは、他に理由があるからです。

※補足:「電気が足りないから原発を再稼働する」と言っている関西電力ですが、平成25年から他の発電会社からの電力購入を減らす方針です。あれれ?そんなに原発を動かしたいの?

 

(さらに…)

28th 6月2013

OTOSHA43「10億人教育構想」day2受講記録

by tenpei

おとなの社会科、スタッフのtenpeiです。day2では「高等教育の英語をどうするか?」について考えました。

主要な論点は「ゴールをどうするか?」「どうやっておしえるか?」です。

まず、「ゴールをどうするか?」については「大学卒業時の最低ライン」を考えました。議論の中では「BBCが聞いてわかる」「英検1級」「使える英語(toの語感がわかる)」など、様々な意見がでました。ここを詰めていくには、専門家が入り、他国の状況を参照し、その上で合意形成を狙っていくと良いでしょう。なお、専門家から情報を取れれば、一般市民でも十分に議論のできる話だと実感しました。

(さらに…)

13th 6月2013

OTOSHA43「10億人教育構想」day1受講記録

by tenpei

おとなの社会科、スタッフのtenpeiです。day1では「edx」と「日本の高等教育」について考えました。

■edxは何なのか?

ハーバードとMITが提供するオンライン学習プロジェクト「edx」は10億人に無料で両校のコースを受講させようという壮大なプロジェクトです。インターネットが通じれば、世界中どこにいても世界最高水準の授業を受けられる夢のような話。地理的な問題、金銭的な問題で教育を受けられなかった多くの人が学べる、素晴らしい機会のように見えます。しかし、こんな都合の良い話って、なんか変な気もします。このプロジェクトの真の狙い、問題点を考察していきます。

(さらに…)

30th 5月2013

OTOSHA42「格差をどう考える?」day2受講記録

by tenpei

おとなの社会科、スタッフのtenpeiです。day2では受講メンバーを国家の中枢にいる人と過程して、格差についてどのように議論をし、解決策を導いていけばよいかを考えました。そこで見えてきたのは以下、5つのプロセスです。特に(1)(2)を中心に説明していきます。

■5つのプロセス

(1)意思決定のフレームを決める

(2)現状を把握する

(3)原因を探る

(4)範囲を決める

(5)解決策を考える

(さらに…)

23rd 5月2013

OTOSHA42「格差」Day1受講記録(by JIN)

by JIN

おとなの社会科CS担当のJINです。
OTOSHA42「格差」Day1の受講記録を書きます。

今年のおとなの社会科では、「議論する力をつけること」を目標として、毎月テーマを決め、月2回のセミナー構成とします。Day1で、テーマに関するイシューを固め、そのイシューを元にFacebookで議論を深めた後、Day2を総括のセミナーとします。

5月のテーマは「格差」です。フジクラ様のご厚意により、会議室をお借りして実施しています。

Day1の具体的内容については、スタッフの天平さんが紹介していますので、そちらを参照してください。 http://otosha.com/?p=733 Day1では、リバタリアニズムを1つの切り口として紹介しました。リバタリアニズムの具体的な中身も天平さんの受講記録に委ねるとして^^、本レポートでは、リバタリアニズム、なかなかやるんだよね~と言うことを書いてみます。このイデオロギーから見ると物事がどう映るかを知っておくと、考え方に奥行きが出て来ると思うからです。

なかなかやるんだよね~、というのは、次の3つの観点からです。
■社会的自由の徹底の観点はリベラリズムと共通している
■篤志家によるセーフティネットも用意されている
■自由意思尊重を徹底して貫く哲学に裏打ちされている

(さらに…)

22nd 5月2013

OTOSHA41「尖閣問題」Day2受講記録(by JIN)

by JIN

おとなの社会科CS担当のJINです。
OTOSHA41「尖閣問題」Day2の受講記録を書きます。

今年のおとなの社会科では、「議論する力をつけること」を目標として、毎月テーマを決め、月2回のセミナー構成とします。Day1で、テーマに関するイシューを固め、そのイシューを元にFacebookで議論を深めた後、Day2を総括のセミナーとします。

4月のテーマは「尖閣問題」でした。デジタルハリウッド大学様のご厚意により、会議室をお借りして実施しました。

Day2の具体的内容については、スタッフの天平さんが(かなり前に・・・)紹介していますので、そちらを参照してください。http://otosha.com/?p=693 記事をアップするのが遅くなって申し訳なかったのですが、私は、天平さんとは別の切り口で、感じた点を書いてみます。

Day2では、いくつかの尖閣に関する記事を取り上げ、その批評を行ったのですが、そのうちの1つが、交戦権規定を整備して自衛隊を強化し、尖閣を固めるべき、というものでした。この見解に直ちに反対するという事ではないのですが、少なくとも、次の3点には留意して思考を進めるべきです。

(さらに…)

ページ:«123456789»